bell flower

【曲名】bell flower :乙女桔梗(otohme-ki-kyou)

【背景】

荒川の友人の結婚式にて、新婦がご両親の手紙を読み上げる際に当日に頼まれたBGMの即興ピアノ演奏(前半は父親・後半は母親だった)の後半部分を、ほぼそのままピアノ曲として再現。そのあと、バンドセッションにてさらに後半を作りあげ、一曲の作品にした。バンドの代表曲とも言われる。

後半部分は中々出来なかったが、神蔵・中島・羽田とのセッション中に閃いて、ホワイトボードにコードを一気に書き上げたのち、何度も繰り返して完成した。完成当日は興奮冷めやらず、神蔵と朝まで飲んでしまったエピソードがある。

様々な式などにおいて依頼を受け、バンドやユニット演奏を行っている。

【 テーマ 】

曲名「bellflower」は、幸せを願う花言葉。人生の岐路にあたって思い出す過去のいろいろ事を心におさめ、これからの旅路を見据えていく曲。

人生の舞台が変わる時、それは例えれば生き返る為の死のようなものなのか。そして、死した人も、舞台が変わっただけのようなものなのかもしれない、という二重のテーマがある。

【 YouTube 】 LIVE @吉祥寺starpine’s cafe

Bellflower

 

タイトルとURLをコピーしました